めがねの知識

   (図をクリックすると拡大表示します。)

目の構造

正視

視力の正常な人は右a図のように目の調節筋を休めた状態で、遠くのものが丁度網膜のところで像を結ぶことが出来ます。これを正視と言います。

近視

目の調節を休めた状態のとき、右b図のように遠くのものが網膜より手前で像を結んでしまう状態のことを近視と言います。この場合ぼけた像が網膜に映るため、遠くの物がはっきりと見えません。また調節力を働かせてもピントが手前に移動し、より遠くのものが見えなくなります。近視の原因として、眼軸が長いために起こる「軸性近視」と角膜や水晶体の屈折力強すぎるために起こる「屈折性近視」が考えられます。近視の矯正は凹レンズを使用し網膜上に像を結ばせます。

遠視

目の調節力を休めた状態のとき、右c図のように遠くのものが網膜の後ろで像を結んでしまう状態のことを遠視といいます。焦点が合わないために、ぼけた像が網膜に映っているのですが、調節力を働かせてピント合わせをすることができるので、視力が下がることはありません。しかし、調節力が弱いとピントが合わせられず、ぼけて見えます。遠視の原因として、眼軸が短いために起こる「軸性遠視」と角膜や水晶体の屈折力が弱すぎるために起こる「屈折性遠視」が考えられます。遠視の矯正は、凸レンズを使用し、網膜上に像を結ばせます。遠視は遠くよりも近くが先にピントが合わなくなるため、よく老眼と勘違いされる方もありますが、老眼とは全く別のものです。

乱視・正乱視・不正乱視

乱視は、主に角膜や水晶体の湾曲が正しい球面になっていないために起こるもので、焦点が1つに結ぶことができない目のことを言います(右d図)。そのため、物がダブって見えたり、一定の方向の線がはっきり見えたりすることがあるので、文字を読み間違えたり、目の疲労の原因になっていることもあります。乱視の矯正は、方向によって曲率の異なる面を持つ円柱レンズを使用します。角膜に凹凸がある不正乱視の場合はメガネレンズではなくハードコンタクトレンズなどでの矯正が必要です。

老眼

視力の正常な人(眼軸の長さが正常な人)は、毛様体筋を休ませた状態のときに遠くの景色にピントが合っていて、近くをみるときだけ毛様体筋(調節筋)を働かせて、水晶体をふくらませ、近くにピントを合せています。この調節筋の力は年齢とともに弱くなり、45歳を過ぎると近くにピントを合わせることが困難になってきます。これを一般に「老眼」または「老視」といいます。老視は毛様体筋の衰えや水晶体が硬くなり、近くのものにピントを合わせることができなくなることを言います。

斜視

近視・遠視という概念とは別に「斜視」という目の症状があります。視線合わせをするとき眼球に付いている6つの眼筋を働かせても視線を合わせられずに片方の目が別の方向を見てしまっていることがあります。これを一般に「斜視」とよんでいます。片方の目が目標点よりも内側を向いている状態(内斜視)と、外側を向いている状態(外斜視)があります。斜視は外見上でも分かります。斜視の初期には、視線が合わないためにものが二重に見え、疲れや非常にうっとうしさを感じますが、そのうちに脳が調節をして視線がずれていても2つに見えなくなってしまいます。斜視は外眼筋の異常によって発生します。大人になってから両眼視が正常でない場合、自動車免許の二種免許が受からない場合があります。また3Dの立体視も正確に見ることもできません。これらを調節するためにプリズムレンズを使用して補正します。

輻湊(ふくそう)

人間の目は、左右二つの目があります。ものを見るときにはいつも視線は両眼ともその方向を向いています。遠くのものを見るときには視線はほぼ平行な状態で見るものに向かっています。近くを見るときには左右の目はそれぞれ内側に向かい、見るものにそれぞれ視線を合せています。この視線を内側に向ける眼球運動を「輻湊」といます。

両眼視

人間は、左右それぞれの目で見た別々の映像を脳でまとめて一つの新しい映像として感じています。この左右の目で見た映像を合成する働きを「両眼視」とよんでいます。この両眼視により物が立体的に見えたり、奥行きや遠近感をうまく感じることができます。両眼視がうまく行われるためには、両目とも視力に問題がなくピント合わせや視線合わせなどの働きが正常に行われていることが必要です。正常でないと自動車免許の二種免許が受からない場合があります。また3Dの立体視も正確に見ることができない場合もあります。眼球運動・不同視・輻湊・斜視など両眼視調整が大事です。

トップに戻る


めがねの作製(検眼から仕上げまで)

検眼(眼科の処方箋)

目の構造と屈折異常の項目で説明してありますように、めがねを作る最初の段階で検眼は大変重要です。特にシニア層の方々においては加齢により自然に調節の筋力が衰えてまいります。そして、老眼の進行により乱視も変化することも多く、検眼の検査には時間もかかります。

瞳とレンズの光学中心あわせ

度つきレンズには光学中心があります。そして、目と目との瞳孔間距離をPD(Pupil Distance)と言います。めがねレンズはPDとレンズの光学中心が合致しなければなりません。もし、この光学中心がずれているとプリズムが生じ、疲れの原因になりますが、これを加工時にきちっと合うようにします。

フレーム

お客様のレンズ度数と顔や頭の大きさ、そしてフレームのデザインを考慮し軽さ・丈夫さ・ブランドや用途に合せてお客様に決定していただきます。

レンズ

レンズの選択は、リムレス・ナイロール・スポーツ等、フレームとの組み合わせや、用途により、重さ・厚さ・丈夫さ・金額を考慮して目的別にご紹介しています。

加工

お客様の処方値を基にレンズをフレームに合わせて削ります。PD・光学中心の高さ等、また、レンズのカーブに合せてフレームのフロントカーブも調整します。しかし、フロントカーブが強すぎる場合はレンズの注文は特別にカーブ指定してレンズを作ります。

装用調整(フィッティング)

めがねの最終仕上げは、お客様へのフィッティングです。特に遠近両用めがねはレンズの光学中心と瞳孔位置がきちんと合っていないとめがねとしては性能がでません。その調整が大変重量です。めがね店の腕のみせどころです。

運転免許の視力の条件

運転免許の種類 視力 その他の条件
第一種 四輪
大型・普通・二輪
両眼視力0.7以上
かつ一眼0.3以上
*一眼0.3未満の場合は他眼の視野が左右150°以上で視力が0.7以上
*色彩識別能力:赤緑及び黄色の識別ができること
第一種 四輪
大型・けん引
両眼視力0.8以上
かつ一眼0.5以上
*深視力:奥行知覚検査器により2.5mの距離で3回検査し、その平均誤差が2cm以下
*色彩識別能力:赤緑及び黄色の識別ができること
第二種 四輪
大型・普通・
特大・けん引
両眼視力0.8以上
かつ一眼0.5以上
*深視力:奥行知覚検査器により2.5mの距離で3回検査し、その平均誤差が2cm以下
*色彩識別能力:赤緑及び黄色の識別ができること
原付・小型特殊 両眼視力0.5以上 一眼0.5未満の場合は他眼の視野が左右150°以上で視力が0.5以上

トップに戻る